相場

キャットフードを利用する際の注意点

猫を飼っている方の多くは市販されているキャットフードを餌として利用していることと思いますが、今回はそんなキャットフードの落とし穴について説明をしたいと思います。
まずキャットフードを与える場合は水も合わせて与えるようにしてあげてください。
キャットフードにはいくらか水分が含まれていますし、ウェットタイプの場合であればそれもかなりの量になるのですが、やはり水分補給は生物にとって欠かせないものであるので餌を与えているからといって水をあげ忘れることのないようにしましょう。

また、猫は気分屋ですので水を与えるとそれをすぐに飲んでくれる、というわけではありません。
ですから、清潔な容器に水を入れておき、それを猫の目に付くところにあらかじめ置いておいてあげるのがいいと思われます。
その際に長時間水を放置するのではなくて、水を定期的に替えたり容器を再度洗ったりして常に清潔な状態を保つようにしておいてあげましょう。

猫が自分の好きなときに水を飲めるようにしておいてあげるのがポイントです。
キャットフードの落とし穴として見落としがちな点があるとすれば、それは添加物の有無についてです。
大体のキャットフードには添加物http://www.petuniapress.com/hukusannbutuko.htmlが含まれているものですが、外国から輸入された種類のものだとより多くの添加物が含まれていますから注意が必要です。

添加物が含まれているキャットフードを猫に与え続けると、それが体内に蓄積されてしまって最終的には体の害になるようなことにもなりかねませんから十分に気を使ってあげてください。
それから、ウェットタイプのキャットフードの利用する場合にはその保存方法についても徹底して管理するようにしましょう。
ウェットタイプは水分量が多い製品のため、日差しの強いところにおいておくとすぐに腐ってしまう可能性があります。
腐ったキャットフードを猫が食べてしまうとお腹を壊してしまうかもしれませんし、そこから何か重大な病気に発展していく可能性もあるので注意しましょう。
免疫機能を維持してくれるドッグフードもあるので、参考にしてみてください。

Copyright(C) 2013 猫の餌について大切な知識 All Rights Reserved.