相場

キャットフードの賞味期限

キャットフードなどを購入する場合に気をつけてなくてはならないのは、なんと言ってもその賞味期限です。
動物の餌だからといって賞味期限を守らなくてもいいわけでは決してなくて、猫などのペットも人間と同じように安心安全なものを食べさせてあげるように心がける必要があるといえます。
キャットフードは主にドライタイプにウェットタイプに分類されるのですが、ドライタイプの場合だと開封してから一月を目安に使い切るようにするのがいいと思われます。

また、ウェットタイプはほとんどが缶詰などに入っているものであるので、開封後は開け閉めのできる別容器に移し替え、なるべく一日以内に食べきるのが理想だとされています。
それから、キャットフードの保存方法についても注意が必要です。
ウェットタイプとドライタイプはドッグフードにもあるのでhttp://www.1stop-doggifts.com/typ.htmlを参考にしてみてください。
なるべく日差しの強いところは避けたほうがいいのですが、それは温度が高くなるとそれだけ腐り易くなってしまうし、細菌などが繁殖する可能性も高くなってしまうからです。

ですので、まず第一に窓際などの日の当たるところを避けて保管するようにしましょう。
また、湿気の多いところも保存には向きません。
水分量の多い場所だとキャットフードがすぐにしけってしまいますので、その風味や食感が損なわれ猫が思うように食べてくれなくなります。
ですから、乾燥していて温度もそれほど高くないところに保管場所を設けるのがいいと思われます。

次にキャットフードの冷凍保存についてです。
ウェットタイプのものは開封後冷凍庫とはせずにすぐに使い切ったほうがいいですし、もともとそれほど量の多いものではありませんから使い切ることも簡単であるはずです。
ドライタイプのキャットフードの場合は冷凍して保存しておくことで酸化の程度を弱めたり、腐ったりしてしまうのを防ぐ効果を期待することができます。
しかし、冷凍しているからといって賞味期限を守らないわけにはいきませんので、冷凍している餌には賞味期限などがわかるような表記をしておくのがいいと思われます。

Copyright(C) 2013 猫の餌について大切な知識 All Rights Reserved.