相場

猫アレルギーの原因と症状

猫に接触することで発症してしまうアレルギーを猫アレルギーといいますが、猫アレルギーは体質などによって誰であってもかかる可能性のあるものですから、猫を飼っている方は特に猫アレルギーについての知識を深めておくのがいいでしょう。
猫アレルギーの主な症状には次のようなものがあります。
一番多いとされている症状が、顔の腫れです。

腫れの程度は個人により様々ですが、顔に直接症状が表れるので外出前だったりすると困るでしょうし、症状が引くまで少し時間がかかってしまいます。
次に目が赤くなる、またはかゆくなる、という症状です。
これと同じように皮膚がかゆくなるという症状もあるのですが、目や皮膚のかゆみは目立つ痛みこそないもののとても気になるものですし、集中力を保つことができなくなってしまうので注意が必要です。

また、皮膚や目がかゆくなった場合は指でこするなどということはせずに氷で冷やすなどして症状を和らげるのがいいと思われます。
指でこすったりすると逆に症状が悪化してしまうので気をつけましょう。
他にはくしゃみや咳、鼻水などの症状が上げられます。

これらの症状もアレルギー症状としては一般的なものですから、猫を飼い始めてからこれらの症状が現れるようになれば猫アレルギーであるという可能性を考えたほうがいいと思われます。
猫アレルギーの主な症状を述べましたが、猫アレルギーは猫の抜け毛や皮屑などが原因で引き起こされる症状ですから、猫アレルギーを抑えたいと思った場合は猫の抜け毛の処理などをしっかり行ったり、また定期的に猫の体を洗ってあげたりするのがいいと思われます。
他には猫の唾液などに触れることによっても猫アレルギーが引き起こされてしまう可能性がありますから、猫アレルギーの危険性がある方は猫の体液などには触れないように注意しましょう。
もしくは猫と触れ合う際に手袋などを着用するようにして直接接触することのないように心がければ猫アレルギーの発症を抑えることも可能であるといえます。

Copyright(C) 2013 猫の餌について大切な知識 All Rights Reserved.