相場

猫の餌について

猫を飼っている方はキャットフードを購入していることと思うのですが、キャットフードにはいくつか種類があるということをご存知でしょうか。
そのどれもに特徴があり、飼っている猫の体調、餌のくいつきなども考えた上でキャットフード選びをすることによって飼い猫の健康をしっかりと保つことが可能になるのです。
猫の餌として一般的なのはドライタイプのものです。

ドライタイプのキャットフードは総合栄養食とされていて、それと水を食べるだけで猫の活動に必要な栄養を全て補うことができるというものであるのですが、硬い触感は猫にとって食いつきを良くする効果を発揮する反面、保有している水分量が少ないので猫がしっかりと水分を補給できないという可能性もあります。
次にウェットタイプのキャットフードについてですが、こちらはドライタイプのキャットフードと比べると水分量が多くやわらかいのが特徴です。
またウェットタイプのキャットフードには二種類あり、総合栄養食タイプと栄養補完食がそれにあたるのですが、総合栄養食の場合はそれだけで栄養を補うことができるのに対し、栄養補完食はそれ単体を食べたとしても猫が必要としている栄養を補うことができません。

では栄養補完食はどの場面で必要になってくるのでしょうか。
栄養補完食はドライタイプのキャットフードと混ぜたり、その上に乗せたりして、猫が水分を餌から摂取できるようにしてあげる効果を持っていたり、また猫の好きな味付けがなされているものが多いので、猫のくいつきを促進してくれる効果も持っています。
これらのキャットフードをうまく使い分けることで、食に関して飽きっぽい猫であってもしっかりと餌を食べさせてあげることが可能となるでしょう。
また、毛玉ケアフードと呼ばれる種類のキャットフードも販売されていて、これは猫が飲み込んでしまった毛玉などを体外に排出させてくれる効果を持っているので毛の多い猫などには特に有効なものであるといえます。
ドッグフードにも身体の悪い部分に対して、有効に働くhttp://www.tennllama.com/jin.htmlものもあるので試してみてください。

Copyright(C) 2013 猫の餌について大切な知識 All Rights Reserved.