相場

キャットフードの保存方法

キャットフードなどの動物が食べるものにももちろん消費期限というものが定められていて、それを守るように使いきってしまうのが利用だといえるのですが、実際にはそううまくいかないことが多々あると思います。
たとえば猫は思ったよりも餌を食べずにキャットフードが余ってしまう、ということだってありえるでしょう。
さらには、夏場などの暑い季節になるとキャットフードは腐り易くなってしまい、常温で保存しておくと常に腐るかもしれないというリスクを危惧し続けなければならないということになってしまいます。

そこで、キャットフードを保存しておく方法というものは重要になってくるのです。
夏場の場合は特におすすめされる方法なのですが、購入したキャットフードを小分けにし、ジップロックなどの開封が自由にできる保存袋の中に入れて冷凍庫で保存しておくのがいいと思われます。
冷凍庫で保存しておくと暑さにより腐ってしまう可能性はありませんし、ジップロックに入れておけばキャットフードが酸化してしまうのをいくらか防ぐことが可能になります。

キャットフードをジップロックに入れると同時に脱酸素剤などを袋の中に入れておくことで、さらに酸化しにくくなるという効果を得ることができるので覚えておきましょう。
しかし、いくら冷凍しているからといって消費期限を過ぎてしまったものを食べさせるのはやめたほうがいいと思われます。
猫の体のことを考えるなら万が一の危険性であっても排除しておくべきですし、そのためには僅かであっても消費期限を過ぎたものは使わないように心がける必要があるといえます。

キャットフードを捨てるのがもったいない場合は、捨てるような状況にならないように購入する量を調節する必要があります。
一度に購入する量を減らす、つまり使い切れる量にするというのは意外とおすすめの方法です。
大量に購入できない分コスト的にはよりかさんでしまいますが、猫の体調のことを考えた安全なキャットフードを与えてあげるようにしてはどうかと思います。
犬も飼っている方は、こちらのドッグフードのトラブルも参考にしてみてください。

Copyright(C) 2013 猫の餌について大切な知識 All Rights Reserved.