相場

キャットフードを選ぶなら

キャットフードにはいくつか種類があり、猫の好む種類のものを選んで購入してあげなくてはいけません。
猫は人間と違って与えられたキャットフードだけを長期に渡り食べ続けることになりますから、キャットフード選びは猫との生活を行う際の準備の中でも特に大事なものであるといえますし、それ以外にも、キャットフード
をどのようにして与えてあげるか、ということも重要になります。

キャットフードを選ぶ場合はまず、ウェットタイプのものにするのか、もしくはドライタイプのものにするのかを選ぶ必要があるのですが、ドライタイプは非常にバランスの取れた栄養価の高いキャットフードですので猫の健康を保つためにはもってこいのものだといえます。
ウェットタイプのキャットフードにもドライタイプのように、それだけで猫が必要とする栄養を補うことができる総合栄養食と呼ばれている種類のものは存在しています。
しかし、ウェットタイプには総合栄養食のほかにも栄養補完食と呼ばれる栄養をプラスする役割を持っている種類のものも存在しているので注意が必要です。

栄養補完食だけでは猫が必要としている栄養を補うことができず、それだけを与え続けていると猫の健康を害してしまうことになってしまうからです。
ウェットタイプとドライタイプの最も大きな違いは内包している水分量の差です。
その名前の通りドライタイプは水分量が非常に少なく、また触感も固めですし、ウェットタイプは水分量が多くやわらかめのキャットフードとなっています。
猫としてはドライタイプのもののほうが噛み応えがあるので好みであるようなのですが、それと同時に猫は非常に飽きっぽい生き物でもありますから、ドライタイプを主に使用して時折ウェットタイプのキャットフードを与えてあげる、というのがいいかもしれません。
また、栄養補完食であるウェットフードをドライタイプのキャットフードと混ぜ合わせることで猫の好みに近い香りと触感のキャットフードを作り上げることも可能です。
ドッグフードも品質は大事ですので、こだわってみてください。

Copyright(C) 2013 猫の餌について大切な知識 All Rights Reserved.