相場

キャットフード選びをする時に気をつけること

キャットフードを選ぶ場合は判断の基準となるポイントがいくつも存在していますから、それらを元にしてどの種類のものを利用するか、その大体のところを判断するのがいいと思われます。
ドライタイプのキャットフードは値段もお手ごろで栄養価も高いために一般的に使用されていますが、ドライタイプは含んでいる水分量が少ないので猫が水分不足になってしまうことも考えられます。
ですからウェットフードなどと併せて使うことで猫の水分不足を補うことができるでしょう。

また、猫には非常に飽きっぽい生き物でもありますから、以前まで使用していたキャットフードであっても中々食べてくれないということがあるかもしれません。
その場合はウェットフードとドライフードを混ぜるなどして味にアクセントをつけてあげると猫も美味しく食べることができるようになります。
キャットフード選びのポイントとしては猫の害になる添加物をどれだけ含んでいるのかという点や、もしくは使用している素材の質などがあげられるのですが、最終的な判断はやはり猫自身に下させてあげるのがいいと思われます。

飼っている猫にとって食べやすいものであればそのまま継続して利用してあげればいいですし、そうでない場合は他の種類のものに変更するのも一つの手かもしれません。
猫の好みが変わることや、衛生上のことを考えてもキャットフードを購入する場合は一度にたくさんの量を購入するのではなくて短期間で使いきれる少量のものを購入するのが賢明な方法であるといえます。
キャットフードを購入する場合にはペットショップなどの販売店で試供品をもらえることがありますから、それらを利用して猫の好みをしっかりと判断してあげるのがいいでしょう。
猫にとって安心安全なキャットフードが健康の助けとなってくれるものですが、猫がそれを食べたがらないのであれば別の種類のものに変えてあげることも必要となってきますし、飼い主の意思だけでキャットフード選びを進めてしまうのはなるべく避けたほうがいいのではないかと思います。
口コミサイトなどを参考にするhttp://www.humanlikeyou.com/009kuchikomi.htmlのも一つの手です。

Copyright(C) 2013 猫の餌について大切な知識 All Rights Reserved.