相場

猫の年齢とキャットフード

猫の種類によってキャットフードが違うのかというと、一般的にはそうではなくて、主に猫の体格、成長段階に合わせてキャットフードを選びをするのがいいと思われます。
生まれたての子猫は体を成長いさせるためにたくさんのたんぱく質などを必要としますから、成猫用の普通のキャットフードを上げていては栄養不足ということになってしまうので、子猫の体に合わせてキャットフードが作られているというわけなのです。
しかし、子猫用のキャットフードを購入しなくても、栄養補完食とされているキャットフードを総合栄養食とされているキャットフードと併せて使うことにより、成長に必要な栄養素をしっかりと補ってあげることも可能になるのでどちらのほうが適しているかを考えて利用するのがいいと思われます。

たとえば猫を複数飼っていて、その中で子猫が一匹しかいない場合はわざわざ子猫用の餌を飼わなくても栄養補完食で補ってあげれば栄養的には問題ないということになるのです。
子猫とは逆に、年齢を重ねることでも猫は成猫と違って栄養を必要とすることになります。
その場合はシニア用と表記されているキャットフードを利用するのがいいでしょう。

猫は年老いてくると体の動きも悪くなりますし、消費するカロリーの量も減ってきますから餌をたくさん与えすぎると太ってしまう可能性があり、年老いた猫にとって体重が重くなるというのはとても危険なことですから十分に注意したほうがいいといえます。
それから、それぞれの餌を飼う場合、どの餌を選んでもいいというわけではなくて、カロリーや添加物の有無などの観点からもキャットフードを選別してあげるのがいいと思われます。
猫の体のことをより気遣うのであればプレミアフードと呼ばれる一般のキャットフードよりも効果で高品質なものを利用してもいいですし、そうすることで猫の健康状態を改善させることが可能になります。
猫は気まぐれな生き物ですから、時折キャットフードの種類を変えてあげるなどしてもいいかもしれません。
犬にも高齢犬用のドッグフードがあるので、年齢に合わせて選んであげてください。

Copyright(C) 2013 猫の餌について大切な知識 All Rights Reserved.