相場

無添加のキャットフードについて

キャットフードの中には天然素材で作られているということを売りにしたものも存在しています。
ペットショップなので販売されているキャットフードの大半は添加物を使用したものですので、天然素材を作られているということはそれだけでイメージよく思われるものですし、俗に無添加キャットフードと呼ばれていて猫の健康を促進する効果があるとして注目を集めています
しかし、そんな無添加キャットフードを猫に与える場合には注意が必要になってしまいます。

どういうことかというと、無添加のキャットフードでは添加物が含まれているものと比べると、味付けも素材由来ものとなってしまうため、どうしても猫が興味を示しづらいものであるからです。
以前までは添加物の含まれていたキャットフードを食べていた、ということになるとなおさらそうで、猫は香りの薄い無添加キャットフードを中々食べようとはしてくれませんから、飼い主の側が何とかして猫にそれを食べさせてあげる必要があるのです。
猫が食べたがらないからといって別の餌をあげるのでは猫の健康にあまりよろしくありません。

たとえば以前まで使っていたキャットフードの中に無添加のキャットフードを少量ずつ混ぜてみるのはどうでしょう。
そうすることで猫も自然と無添加のキャットフードの味に慣れることができますし、だんだんと混ぜる量を多くしていけばやがては無添加のキャットフードだけを食べてくれるようになるはずです。
無添加のキャットフードを混ぜてあげる際には、カロリーの摂りすぎにならないようにしっかりと与える量を調整してあげることを忘れないようにしましょう。
また、無添加のキャットフードは保存期間的にもシビアであるので、一度にたくさんの量を購入するのではなくて、短い期間の間に食べきれる量を購入するようにしたほうがいいと思います。
一度にたくさんの量を購入したほうが安上がりなのは事実なのですが、それだと餌があまってしまって結局捨てなければならないことになってしまうかもしれないので注意が必要です。
犬に与える場合も、無添加のドッグフードhttp://www.peacezone.net/13.htmlの方が安心できます。

Copyright(C) 2013 猫の餌について大切な知識 All Rights Reserved.