相場

猫の好き嫌いとは

猫は食にうるさい生き物であると思われがちです。
猫は食べ物の触感などを特に気にする傾向にあるので、与えている食事が猫の嫌がる触感をしていた場合、猫はその食事を食べてはくれませんし、また無理に食べさせようとすることも禁物です。
ペットショップなどで多く販売されているキャットフードは、猫が食べることを前提として作られているものですので、大体の場合はどんな猫であっても食べてくれるのが普通であるといえます。

しかし、実際に餌を与えてみると食べてくれない、ということがあるのも事実です。
そういった場合は原因が猫の好き嫌い以外のところにあると思ったほうがいいでしょう。
たとえば環境です。
猫は基本的に食事は一人で取る生き物ですから、飼い主が近くにいたりすると気が散って食事に集中してくれませんし、また人間が近くにいることで人間の食べているものを欲しがったりしますので、猫が餌を食べるためのスペースというものを確保しておいてあげるのがいいと思われます。

猫に与える場合は総合栄養食の表記がされているドライタイプのキャットフードなどを利用するのがいいと思われますが、ドライタイプのキャットフードを猫に与えてみて、食べる様子が見受けられなかったからといってすぐに別の、たとえばウェットタイプの猫が好むようなものを与えてはいけません。
猫は賢いですから、餌を食べなければ別の美味しいものをもらうことができる、と思ってしまうので、そうすると猫はさらに餌を食べなくなってしまいます。
それから、猫に餌をあげる場合は餌を入れる容器にも気を配らなければ生けません。
猫は清潔な容器に入った餌でないと食べてくれないことがありますから、容器を洗うことを忘れないようにしましょう。
猫が初めから好き嫌いをしていたわけではなくて、育てる家庭でそのような習慣が身についてしまうということであるので、猫に対する餌のあげ方には十分に注意して、猫がしっかりと餌を食べてくれるように工夫をしましょう。

猫と一緒に犬も飼っていて、間違ってドッグフードを食べてしまうhttp://showeryourpets.com/neko.htmlということもあるかもしれません。
慌ててしまうかもしれませんが、ドッグフードに害のあるものは入っていないので、少量ならば問題ないです。
しかし、継続的に与えるのはよくないのでやめましょう。

Copyright(C) 2013 猫の餌について大切な知識 All Rights Reserved.