相場

安心なキャットフードについて

猫にとってキャットフードは生命を維持していく上でとても大事な要素を持つものです。
というのも、猫は人間と違って色々な素材、色々な料理を食べるわけではなくて、決して短くない期間キャットフードを食べ続けることになりますから、キャットフードを選ぶ際には猫にとって安全なものであるかどうかを注意深く見極めてあげる必要があるのです。
キャットフードには二種類あり、国産か輸入品かということになるのですが、輸入品の場合は製造されてから日本に運ばれてくるまでの時間がかかるので、国産のものに比べて添加物などが比較的多いように思います。

添加物の量が多いと猫の体にいい効果はありませんし、なるべく添加物の少ないものを選んであげるようにするといいと思います。
犬を飼合っている方は、愛犬に無添加のドッグフードhttp://www.mikidog.jp/6.htmlや国産のドッグフードhttp://www.wanderers-rest.com/koku.htmlを与えるのがいいでしょう。
また、猫の餌はドライタイプとウェットタイプに大きく二分することができるのですが、ドライタイプの場合は総合栄養食とされているので猫に必要な栄養をしっかりと与えてあげることができますし、水分量が少ないために夏場などであっても腐りにくいために比較的安全であるということができます。
ウェットタイプのキャットフードは水分を多く含んでいますから、水をあまり飲まない猫であってもしっかりと水分補給させてあげることができるのですが、夏場は腐り易いですから与える場合は冬場をメインにするのがいいと思われます。

ウェットタイプのキャットフードには総合栄養食と栄養補完食の二種類があるのですが、栄養補完食はそれ単体だけだと猫に必要な栄養を補うことができないので注意してください。
ドライタイプのキャットフードと混ぜるなどの効果的な使い方をするのがいいと思われます。
それからキャットフードの種類でなく、実際にそれを上げる際の分量についても飼い主がコントロールしてあげる必要があります。
ある程度の成長している猫であれば自分で食べる量を考えられるのですが、そうすることができない場合もありますので飼い主がしっかりと一食分の量を決めてあげるのが大切です。

Copyright(C) 2013 猫の餌について大切な知識 All Rights Reserved.