相場

ウェットタイプのキャットフードで水分補給

猫を飼う場合はキャットフードを購入してきて与えてあげる必要があります。
それが猫の栄養補給源となりますし、毎日キャットフードを与えることにより猫を健康なまま成長させることが可能になるのです。
キャットフードの栄養素についてはこちら。
しかし、猫に必要なのはキャットフードだけではありません。

猫に限らず全ての生物は、食物と同じくらい水を必要としているのです。
猫にとってもそれは同じで、猫は水を飲まなければ生きてはいけません。
猫の体内の水分量が低下してしまうと、それが病気の原因となったり、もしくは体調が崩れてしまうといったことが考えられます。

ですから猫にはしっかりと水分補給をさせるように心がけましょう。
ですが、キャットフードならともかく水だけを飲ませようとすると中々大変です。
何しろ猫は気分やですから、体が水分を欲していたとしても、そのときの気分によっては水を飲んでくれないということも十分にありえます。

そんな場合のことも考えて、水分補給もできるキャットフードを利用することをおすすめします。
キャットフードには二種類あり、一方をドライフードといい、もう一方をウェットフードといいます。
ドライタイプのキャットフードの場合はその名の通り水分量が少ないので猫の水分補給には向きません。

その逆に、ウェットタイプのキャットフードであれば十分な量の水分を保有しているのでそれを食べさせることで猫に水分を補給させることが可能になりますから、猫が水を飲みたがらない場合でも体調の崩れを事前に予防してくれるのです。
しかし、ウェットタイプのキャットフードにもデメリットは存在しています。
ウェットタイプのキャットフードは水分を多く含んでいるために腐り易い製品でもあるのです。
ですから、気温の高まる夏場などはなるべくウェットフードではなくドライタイプのキャットフードを利用するのがいいように思えます。
餌をあげる際に、その近くに清潔な容器に水を入れて置いておいてあげれば猫も自然と水を飲んでくれるようになります。
安心・安全なキャットフードを選んであげることも大切です。

Copyright(C) 2013 猫の餌について大切な知識 All Rights Reserved.